婦人科

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は月経不順や不妊の原因になる

こんにちは、ゆきです。産婦人科医として働いています。

月経不順や不妊で産婦人科を受診される患者さんの中には、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)が原因になっている可能性のある人が案外多いです。

PCOS…?多嚢胞?なんだそれ?

今日は、この”PCOS”について詳しく説明していこうと思います。

1. PCOSを知ろう

1. PCOSって何?

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群;polycystic ovary syndrome)は、妊娠可能年齢の女性に比較的高頻度(5〜8%)に認められる疾患です。

基本的に卵巣の中では約1ヶ月の間で1つの卵胞が育ち、排卵が起きます。しかしPCOSの場合、排卵が上手く出来ない状態になり、排卵されない卵胞が卵巣の中に留まります。
そのため卵巣の中に沢山の卵胞が見える状態、すなわち「多嚢胞性卵巣」になる、というわけです。

上のイラストの左側が正常、右側がPCOSの卵巣です。
排卵できなかった水色の嚢胞が多数認められるのが分かるかと思います。

2. PCOSの診断基準

日本では次のような診断基準が策定されています。

[多嚢胞性卵巣症候群の新診断基準, 2007]
以下の①〜③の全てを満たす場合をPCOSとする。

  1. 月経異常
  2. 多嚢胞卵巣
  3. 血中男性ホルモン高値
    または
    LH高値かつFSH正常

①月経異常

まずは月経異常。
無月経・希発月経(月経周期が39日以上)・無排卵周期症のいずれかになります。

これらを認める場合は、ぜひ産婦人科に相談して下さい。

生理が無くても困らないし、頻度が少ない方が楽じゃない?

そう思う気持ちはよく分かります。よく分かるのですが、そう簡単にはいきません。

PCOSを放っておくと、糖尿病や心血管障害、子宮体癌のリスクになったり、不妊につながったりするからです。

手遅れになる前に、ぜひ気軽に相談してもらいたいです。

生理って何のためにあるの?[月経の正常と異常]多くの女性は毎月月経を経験していますが、「月経について詳しく知っている、教えられる」という方は案外少ないことと思います。月経の正常から異常まで、産婦人科医の筆者が簡潔にまとめました。自分の月経を客観的に評価する指標となる記事です。...

②多嚢胞卵巣

多嚢胞卵巣は超音波で評価します。
多嚢胞卵巣とは「卵巣の中に多数の小卵胞が見られ、少なくとも片方の卵巣で2〜9mmの小卵胞が10個以上存在するもの」とされています。

同じような大きさの卵胞が卵巣の外側に1列に並ぶように見えるので、ネックレスサインと呼ばれます。

③ホルモン異常

  • 男性ホルモン(テストステロンやアンドロステンジオン)が正常範囲上限を超える
  • LH≧7mIU/mLかつLH≧FSH
  • BMI≧25ではLH≧FSHのみでも可

PCOSの原因はまだ明らかになっていないのですが、男性ホルモンの値が高くなることが分かっています。

この男性ホルモン高値が、卵巣を多嚢胞性に変化させ、排卵障害などに中心的に関与していると考えられているのです。
従ってPCOSを診断する時は、ホルモンの値を採血で確認する必要があります。

また、血糖値の異常やインスリン抵抗性が男性ホルモンと協調してPCOSに関与していることも分かってきているので、採血の際に血糖関連の項目も追加したりします。

3. PCOSの症状・特徴は?

PCOSは、身体に様々な変化をもたらします。
男性ホルモンの影響で、多毛になったりニキビが出来やすくなることもあります。

他にも例えば、次のような健康リスクが指摘されています。

  • 不妊症
  • 肥満
  • 2型糖尿病
  • 脂質異常症
  • 心血管疾患
  • 子宮内膜癌(子宮体癌)
  • 卵巣癌

いわゆる生活習慣病や、月経がこないことによる悪性疾患の発症が問題になるんですね。

妊娠した際の”周産期合併症のリスク”についても多くの報告があり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの増加は有名です。

妊娠高血圧症候群(HDP)はなぜ怖いのか妊娠中に血圧が上がる病気、妊娠高血圧症候群。その定義は?分類は?治療は? わからないことがたくさんあるのではないでしょうか。毎回の妊婦健診で血圧を測定する理由が、この記事を読めば理解できるはず。産婦人科医の筆者が解説します。...
妊娠糖尿病など〜妊娠中の血糖管理の重要性を語る〜妊娠という負荷がかかり、血糖値が高くなる人がいます。妊娠糖尿病と診断された場合は、妊娠中の厳格な血糖管理が必要です。産科合併症のみならず、将来の生活習慣病や発達障害にも関与すると考えられる、妊娠中の耐糖能異常についてまとめました。...

PCOSの長期的な管理については、減量を含めたライフスタイルの改善が大切なのです。

4. PCOSの管理・治療は?

1. 挙児希望がない場合

・減量を含めたライフスタイルの改善
・薬物療法(黄体ホルモン療法、低用量OCなど)
・インスリン抵抗性がある場合はメトホルミンも選択肢

PCOSと肥満の関係は疫学的に明らかになっているので、今後の生活習慣病の発症予防のためにも、肥満(BMI>25)がある場合は、栄養バランスの取れた食事や適度な運動などで減量に努めることが大切です。
減量によって排卵がうまくいくようになったり、ホルモン値の改善が認められるようにもなります。

あとは、月経で子宮内膜が剥がれないことによってリスクが上がる子宮内膜増殖症子宮体癌を予防する目的に、薬物療法として黄体ホルモン療法、低用量OC、Kaufmann療法を用いることもあります。

子宮内膜細胞診・組織診〜子宮体がん検診〜子宮内膜細胞診は、不正出血や子宮内膜肥厚など、異常を疑う所見があった際に行う検査です。子宮体がんのスクリーニング目的に行われることもありますが、全員にルーチンには施行しません。検査の性状やその結果の解釈の仕方、異常が出た場合にどのように対応するかについて、産婦人科医が解説します。...

2. 挙児希望がある場合

・第1選択はクロミッド®︎
・クロミッド®︎抵抗性で肥満・インスリン抵抗性がある場合はメトホルミンを併用
・第2選択はゴナドトロピン療法
・それでもダメなら卵巣多孔術を検討
・それでもダメなら体外受精を検討

挙児希望がある場合は、排卵しにくい状態のPCOSにおいて、なんとかして“排卵させる”ことが重要になります。

PCOSの人でも排卵がゼロということは少ないので、自然妊娠は期待出来ます。しかし正常の人と比べると、どうしても確率が下がります。複数回でのタイミング療法でも妊娠に至らない場合は、不妊治療としての介入が必要です。

第1選択として用いられるのがクロミッド®︎錠。
研究結果としても、クロミッドの内服によって妊娠率が上がることが示されています。

しかしクロミッドを使っても反応に乏しい(=卵胞が適切に育たない)場合は、3周期をめどにしてクロミフェン抵抗性と判断し、次のステップに移行します。
肥満症例の場合は、メトホルミンを併用することもあります。

ゴナドトロピン療法も用いられますが、PCOSでは多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクが高いため、頻回に外来でフォローして卵胞発育をチェックしていく必要があります。

それでもダメなら卵巣多孔術(卵巣に多数の孔をあける腹腔鏡手術)や、体外受精を検討します。

双胎妊娠のキホンとそのリスク こんにちは、ゆきです。産婦人科医として働いています。 今回は双子ちゃんの記事です。 ひとえに「双子」といっても、色々な...

5. 結語

月経不順・無月経をみた時、妊娠可能年齢の女性において頻度が高いのがPCOSです。

月経は身体の状態をみるための1つのパラメーターです。
月経がないのは楽で良い、という考えはある意味危険です。

PCOSは不妊や生活習慣病、後の子宮体癌や卵巣癌の発症率の上昇などのリスクになります。

挙児希望がある場合は排卵させることを目的に、挙児希望がない場合は適切に出血を起こしライフスタイルを改善させることを目的に、治療を行っていきます。

PCOSについての知識が入ってくると、自分にも当てはまるかも?という方もいらっしゃるかもしれません。
このブログが、産婦人科を受診するきっかけになることがあれば本望です。

今日はPOCSについてまとめてみました。いかがだったでしょうか。

外来でもかなり頻度高くみられる疾患の1つです。
自分の身体からのサインに耳を傾けつつ、将来のためにも早めに介入しましょう。

参考文献:
女性内分泌クリニカルクエスチョン90 百枝幹雄編

最後に、少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
        ↑
1日1回、クリックお願いします!

 

ABOUT ME
ゆき
◆ 医師(産婦人科) ◆ 県立女子高校→地方国公立医学部 産婦人科医の視点から、正確でわかりやすい情報をお届けします。 twitter:@yukizorablog_Y Instagram:yukizora_yuki
いつも応援頂きありがとうございます!

【ブログ村ランキング参加中】
少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
        ↑
1日1回、クリックお願いします!

 

ブログ村の読者登録もお願いします(^^)

ゆきぞらブログ【東大医学部卒医師そらと産婦人科医ゆき】 - にほんブログ村

 

SNSのフォローもお願いします!

【そら】
東大医学部→研究医

【ゆき】
◆ 国公立医学部→産婦人科医

Instagram