進学校実情

女子学院(JG)における保護者同士の関わり方

保護者会
そら

こんにちは、そらです。東大医学部を卒業し、現在は医師・医学研究者として働いています。

先日、筑駒保護者に関する記事を公開しました。

保護者会
筑駒の保護者同士の関わりって?~筑駒卒業生母が特徴を解説~筑駒は生徒同士はだけでなく、保護者間の繋がりが非常に強い印象があります。在籍中はもちろん、卒業後も保護者同士で集まったり、時には遊びに行ったりしている姿をよく見かけました。今回は、そら母に筑駒の保護者同士の関わりの実態を教えてもらいました。 ...

この記事に対し、こんなコメントをいただきました。

そこで今回は、女子学院(JG)における保護者同士の関わりについて聞いてきました。娘さんをお持ちの親御さんの参考になれば幸いです。

こんばんは。そら母です。先日は筑駒保護者の記事をお読み頂き、ありがとうございました。

前回は筑駒での保護者同士の関わりや役員活動を通して感じたことなどをお伝えさせていただきました。

同様に女子学院についても知りたいというご質問をいただきましたので、今回は女子学院での保護者同士の付き合いや役員活動について当時の経験をもとにお伝えさせていただきます。

コロナ禍で役員の活動は制限されているかと思いますが、保護者の方の参考になれば幸いです。

1. JG会という名の役員会

女子学院はキリスト教精神に基づいた学校なので役員活動はかなり大変ですか?

バザーなどのお手伝いは負担ではなかったですか?

この質問は受験を検討されている保護者の方からよく聞かれました。

保護者会

6年間子供が通う学校は、親にとっても関わりが深いので、気になるところなのでしょう。

女子学院の役員会はJG会と呼ばれます。役員は毎年各クラスで3名ずつ選出されます。こちらも筑駒と同じく難航することなくスムーズに決まりました。

6年間に1度受けるか、または卒業まで受けない方もいらっしゃいます。女子学院の校舎の近くにJG会館という建物があり、主にそこで保護者が集まり役員活動をします。

JG会には3つの役員会と、保護者有志よるボランティア活動があります。それでは順番に説明していきます。

❶奉仕部

主に年に一度秋に行われるバザーの主催をします。企画、準備から当日の受付や販売などを担当します。

このバザーではJG会伝統の焼き菓子のブランデーを使ったパウンドケーキを係の保護者方が焼いて販売します。このケーキは大人気で毎年すぐ完売してしまいます。希望の保護者向けに手作り講習も行っていました。本格的でとても美味しいケーキでした。

また保護者による手芸品の販売も様々な種類が並び人気です。手芸品は学年で何を作るか決めます。毎年いろいろな手作り品が揃います。ビーズアクセサリー、トールペイント、季節のクリスマスリースやお正月のお飾りなども人気でした。

月1回程の頻度で奉仕部の方を中心に有志の保護者が手芸のお手伝いに行きます。私も何度かこのお手伝いに行きました。学年ごとにテーブルに集まり奉仕部の方が用意された材料を使って作業します。

奉仕部は手芸の得意な方が多く丁寧に教えてくださいました。また、作業の合間のティータイムも楽しみです。奉仕部の方が用意してくださったコーヒーや紅茶をいただきながら歓談の時間もありました。

おしゃべりをしながらとても和やかに手芸のお手伝いをしたことを覚えています。

❷広報部

JG会報のための取材、編集、発行をします。

❸文化部

JG会クリスマス礼拝(保護者参加)と聖親会(聖書を親しむ会)を担当します。私は文化部を1年間受け持ちました。

礼拝

12月のJG会クリスマス礼拝では保護者の方に参加を募り、全学年の文化部の役員が中心になって係を分担し保護者対象のクリスマス礼拝を進行するのです。10月中旬頃から毎週文化部で集まり、12月にはリハーサルもありました。

私の学年役員4名は講堂の舞台に上りキャンドルを順に灯していく係になりました。クリスマス礼拝という大イベント。講堂は足元が暗かったので、キャンドルを持ち舞台に上がって行く際に転ばないか心配でした。

また大勢の保護者の前でのイベントなのでとても緊張しました。娘達と同じく保護者も厳かなクリスマス礼拝を経験できたことはいい思い出です。

聖親会の進行も文化部の担当でした。聖親会とは聖書を親しむ会で、院長先生も参加されます。月に1回程、参加希望の保護者が集まります。

当番の学年の文化部が受付役、司会役、聖書を朗読する役などを分担しました。どの役になるかは話し合いで決めますが、最後はじゃんけんになったりすることもあり毎回ドキドキしていました。静寂な雰囲気の中、前に出てマイクを使っての聖書の朗読役は大変緊張したものです。

その会のテーマに合った聖書を朗読し、院長先生が聖書の内容をわかりやすく解説され、テーマに沿って具体的にお話してくださいました。忙しい日常生活で忘れかけていたことの気づきにもなり充実した会でした。

❹ボランティア活動

ボランティア活動には、「布の絵本の会」と「老人介護施設シーツ交換」があります。

「布の絵本の会」

支援施設へクリスマスに向けてのタペストリーや布の教材を作り寄付します。保護者が定期的にJG会館に集まり一年かけて制作します。

中1から高3の保護者がランダムに混ざり5つのテーブルに分かれ、グループごとに作品を仕上げます。手芸の後はティータイムもあり、学年を超えて保護者の方とおしゃべりを楽しみました。

作品が完成するとそれぞれのグループは別々の支援施設にお届けします。そこでは感謝の会にお招きいただき温かい交流のひとときを過ごすことができました。

「老人介護施設シーツ交換」

女子学院の近くのいきいきプラザ一番町の中にある特別養護老人ホームで2人1組で入居者の方のシーツ交換をします。こちらも有志の保護者によるボランティアで定期的に通います。

午前中の数時間で終わるので帰りに係の保護者の方とランチをしておしゃべりを楽しんで帰ることもありました。

どちらのボランティアも当時はお手伝いすることに夢中で淡々と毎回の作業をこなしていました。

不思議なことに卒業して月日が経過した今思い出しても、他者のために力を尽くし感謝された喜びで心が温かい気持ちになります。とてもいい経験ができました。

どのボランティア活動も無理ない程度のお手伝いなので、もちろん都合が悪い日は欠席もできます。気負いなく参加できると思います。

❺その他

保護者対象の講演会参加や、見学会などもありました。日帰りバスツアーで青梅の美術館見学に行ったのも楽しい思い出です。

2. 懇親会における筑駒とJGの違い

親睦会

クラスを超えて保護者同士が親密な筑駒と違い、女子学院での保護者の付き合いはとてもさっぱりしていました。

中1の入学の直後にクラスの懇親会が1度ありましたが、その後クラスの懇親会をした記憶はありません。他のクラスの友達に聞いてもクラスの懇親会を定期的にすることはないと聞いていました。

クラスも多かったので卒業までクラスの保護者と子供の名前が一致しないことが多いように感じました。

娘の部活では定期的に懇親会があり、親睦を深めていました。部活が同じ保護者の方とは学校行事やプライベートな趣味をご一緒することも多かったです。保護者同士の繋がりは部活、役員活動が主流だったように感じます。

女子学院の保護者の方とお話しすると個人差はありますが、母娘の間で会話が多いため、日々娘から学校生活の話を聞いてよくご存知の保護者が多いのです。

そこが筑駒との大きな違いです。保護者同士が集まって情報収集する必要がないので親同士の付き合いもさっぱりしていたのかもしれません。

3. 筑駒と女子学院保護者のカラーの違い

夫婦

女子学院の保護者は大手企業にお勤めされているご家庭が多い印象でした。フルタイムでお仕事をされる母親よりも専業主婦が多いように感じました。

女子学院の保護者は多趣味で好奇心旺盛な方が多く、良い刺激を受けながらお付き合いさせていただきました。

またご兄弟も私立中学に受験させているご家庭が圧倒的に多く、姉妹で女子学院に通わせているご家庭もありました。

キリスト教の学校ですが、少なくても私の周りは入学前から熱心なキリスト教のご家庭ばかりではなかったです。どなたでも安心して受験されて大丈夫です。

4. 卒業後の保護者との付き合い

卒業後も女子学院の保護者の方とのお付き合いは続いています。ここまでご縁が繋がっているのは、娘の部活公演の度に保護者との繋がりが深くなったこと、そしてJG会役員活動でご一緒した保護者の方との交流が続いていることが理由だと思います。

もし娘が部活に所属せず、JG会役員活動に参加していなかったら6年間保護者との交流は少なかったかもしれません。そのくらい女子学院の保護者同士の付き合いはさっぱりしていますので気楽に構えていただいてもいいかと思います。

今回はそら母にJGの保護者同士の関わりについて教えてもらいました。いかがでしたでしょうか。

JGと筑駒では保護者の繋がりやカラーに違いがあるというのは面白いですね。少しでも参考になる箇所があれば幸いです。

最後に、少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
        ↑
1日1回、クリックお願いします!

それではまた!

ABOUT ME
そら
医師・医学研究者 | 東大医学部卒 | 産婦人科医ゆき( @yukizorablog_Y)と夫婦でゆきぞらブログを運営 l 毎日19時に投稿 | 幼少期から医師になるまでの勉強への取り組みや科学的根拠の基づいた医療情報を発信 | 質問箱はこちらhttp://peing.net/ja/yukizorablog
いつも応援頂きありがとうございます!

【ブログ村ランキング参加中】
少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
        ↑
1日1回、クリックお願いします!

 

ブログ村の読者登録もお願いします(^^)

ゆきぞらブログ【東大医学部卒医師そらと産婦人科医ゆき】 - にほんブログ村

 

SNSのフォローもお願いします!

【そら】
東大医学部→研究医

【ゆき】
◆ 国公立医学部→産婦人科医

Instagram