受験・勉強法

中学受験におけるゲーム・漫画との上手な付き合い方とは?

ゲーム
そら

こんにちは、そらです。東大医学部を卒業し、現在は医師・医学研究者として働いています。

中学受験を控えるご家庭の親御さんから、小さい頃にゲームをしていたか聞かれる事があります。確かに、ゲームや漫画との付き合い方は人によって考え方が違うため、判断に迷われているご家庭も多いかと思います。

そこで今回は、姉を女子学院、私を筑駒に入れてくれたそら母に、中学受験におけるゲーム・漫画との上手な付き合い方について聞いてみました。

お子さんをお持ちのご家庭の方には参考になる記事だと思いますので、是非最後までご覧ください。

1. ゲーム・漫画との付き合い方[総論]

小学生の子供にとってゲーム・漫画はとても魅力的で、夢中になるものだと思います。受験期のお子さんを持つ親御さんにとっては、ゲーム・漫画をどう与えたら良いのかは悩まれるところではないでしょうか。

ゲームについてはご家庭によって考え方が違うと思いますし、中学受験に成功された親御さんに聞いても様々な意見があると思います。

私個人としては、受験期においては

「親子でルールを決めて勉強の効率を上げる息抜きとして与える」

のが良いと思っています。ですが、

  1. そもそもルールは誰がどう決めたらよいのか?
  2. 合格する子は決めたルールを素直に守っていたのか?
  3. ルールを守れなかった場合はどうすればよいのか?
  4. 入試直前まで与えてもよいのか?

など様々な疑問があると思います。

次の段落以降で、悩める親御さんのために「中学受験を成功させるにはどのようにゲーム・漫画を与えたらよいのか」を自らの経験を踏まえて具体的にお伝えさせていただきます。

2. ゲームとの付き合い方[各論]

1. 家族全員でルールを決める

親子_話し合い

私の周りには、中学受験を視野に入れて一貫してゲームを与えない選択をされたというご家庭も実際ありました。

我が家の場合は、子供たちが小学校の頃からゲームを欲しがっていたので、当時流行ったテレビゲーム機や携帯型のゲームボーイなどを与えていました。

2歳違いの姉はゲームにあまり執着がなかったので、特にルールを決めて厳しく諭すこともありませんでした。放っておいても、長時間ゲームをやり続けるということはなかったのです。

ところが息子は一度やりだすとゲームに夢中になり、時間を忘れて没頭してしまうのです。ゲームを途中でやめることが出来ず、親としてはストレスが溜まる一方でした。

家族で話し合い、小学校低学年からは1日30分と時間を決めました。
友達が遊びに来てゲームをする時は1時間まで。守れなかったら1週間ゲーム禁止

反抗期の中学生の男子にこんな約束をしても通用しないと思いますが、小学生のうちは不満を言いながらも比較的言うことを聞いてくれました。

2. ゲームは学習前にやる

学習の後のご褒美としてゲームをさせた方がいいのではと思われる方も多いかと思いますが、我が家では

ゲームをする日は、最初にゲームをしてから学習をする

というルールを決めていました。

何故かというと、早くゲームをしたいがゆえに学習が雑になるからです。机に座っていても、これからやるゲームのことが頭によぎってしまい、どうしても勉強を適当に終わらせようとするのです。

実際に、ゲームをする日は細かい間違いが多いという傾向はありました。息子の場合、遊びたかったゲームを最初にやって気持ちを落ち着かせた後に机に向かうと集中して勉強する事ができたので、非常に効率が良かったです。

3. ルールを守れなかったら回収

家族でルールを決めても、子供なのでルールを守れないこともありました。
その場合はゲームを1週間禁止し、反省したら再度与えたりということを繰り返していました。

ところが、5年生の頃に問題が起きました。

夜遅く就寝したと思って電気の消えた部屋を見に行くと、驚くことに布団に潜ってこそっと携帯型のゲームをしていたのです。

睡眠時間を削ってまで夢中なることは健康的にも弊害だと感じ、思い切ってゲームを回収し禁止にしました。当時は息子にかなり反発されましたが、なぜ回収しなければならなかったのか、今このままゲームに没頭せず時間を有効に使うことで、中学受験でたくさんのメリットがあることを丁寧に伝えました。

今から思えばゲーム回収、禁止にしたことは確かに可哀想でした。ですが、その後時間を有効に使えるようになり勉強時間が増えました。これまでおろそかになっていた塾の宿題や予習、復習がしっかりとできるようになりました。

そうすると、当たり前のことですが授業の理解が深まり次第に成績も上がり、本人の受験へのモチベーションも上がってきたのです。結果的に我が家はゲームを制限する事でうまく行きました。

4. 受験の数ヶ月前からは封印

ノート

6年生になる頃には塾の志望校別の対策講習が始まったり、公開模試などで志望校合格判定が出たりするので、本人もまた塾の仲間達も受験生の意識が高まります。その頃には志望校に行きたい気持ちの方が強くゲームをやりたいと言うことはなくなりました。

最終的には私から何か言う事もなく、本人自らゲームを封印していました。本人は目標に向かって必死だったので、正直ゲームどころではなかったのだと思います。

3. 漫画との付き合い方[各論]

1. 夢中になり没頭するタイプは危険

子供 本

漫画に関しては、2歳上の娘が関心を示さなかったので、買い与えることはしませんでした。

そのため家の中に漫画が並ぶことはありませんでした。息子もまわりに漫画があまりなかったので、漫画が欲しいと言い出す事もあまりありませんでした。

これまで書いてきた通り息子は熱中すると没頭してしまう性格なので、もし漫画を与えていたら四六時中読み続け、歯止めが効かなくなっていたと思います。

実際に中学に入って友達に漫画を借りてから、夢中になって読んでいるような時期もありました。息子のように熱中してしまうケースでは、ある程度親がコントロールする必要があると思います。

2. 小学生の時から与えた漫画

基本的に我が家では漫画を買い与えませんでしたが、勉強に役立つような漫画は例外として買っていました。

具体的にいうと、ドラえもん日本の歴史・世界の歴史などのシリーズや、小学館の漫画少年少女日本の歴史などです。

これらの漫画は楽しく読めて、受験の社会でとても役立ったようでした。小さいお子さんのいるご家庭は、検討されても良いかもしれません。

4. 中学受験を検討されているご家庭にお伝えしたいこと

家族

ゲームや漫画の与え方や付き合い方で悩まれる受験期の親御さんに向けてアドバイスさせて頂くならば、

子供の性格や特性を見極めてその子に合った与え方を考える事が大切

ということをお伝えしたいです。

娘のように、物事に執着がなくけじめのつけられる子供には、勉強の息抜きやお楽しみとして与えても弊害はないでしょう。

一方で、息子のように没頭してしまう子供には、ルールを守れない場合は見えないところに回収し禁止にすることも必要だと思います。

可哀想と感じるご家庭もいらっしゃるかと思いますが、ゲーム、漫画を封印することで勉強がはかどり、結果的に成績が上がるということを子供自身が実感できるというのは子供にとって大きなメリットです。

小学生の頃にこれを実感する事によって、中学生以降も大切なテストの前は、自らゲーム、漫画などと自然と距離をとる事ができるようになるのです。

また、子供がゲームを我慢している時は、親自身もテレビなどの娯楽は我慢されることをお勧めします。実際に我が家では、主人は読書、私はお菓子作りを楽しんでいました。

そして最後に、ゲーム・漫画などに関して子供が混乱しないよう、夫婦でよく考えをすり合わせて一致させておくことが大切であるということを追記しておきます。

今回はそら母に「中学受験におけるゲーム・漫画との上手な付き合い方」について書いてもらいました。いかがでしたでしょうか。

私も読んでいて「なるほどな」と感じる事も多かったです。ゲームにはメリットもあるので、私自身全て否定はしませんが、受験期においては上手に付き合っていく事が大切だと思います。

受験期におけるゲームとの付き合い方で悩まれている全ての親御さんの参考になれば幸いです。

ゲーム
「中学受験におけるゲーム・漫画との付き合い方」を読んで思う事中学受験を控えるご家庭の親御さんは、ゲームや漫画とどのように付き合っていくか悩まれる事もあるかと思います。ゲームに関しては様々な意見があると思います。今回は私の目線で、ゲーム・漫画との上手な付き合い方を考察しました。...

最後に、少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
        ↑
1日1回、クリックお願いします!

それではまた!
 

ABOUT ME
そら
医師・医学研究者 | 東大医学部卒 | 産婦人科医ゆき( @yukizorablog_Y)と夫婦でゆきぞらブログを運営 l 毎日19時に投稿 | 幼少期から医師になるまでの勉強への取り組みや科学的根拠の基づいた医療情報を発信 | 質問箱はこちらhttp://peing.net/ja/yukizorablog
いつも応援頂きありがとうございます!

【ブログ村ランキング参加中】
少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
        ↑
1日1回、クリックお願いします!

 

ブログ村の読者登録もお願いします(^^)

ゆきぞらブログ【東大医学部卒医師そらと産婦人科医ゆき】 - にほんブログ村

 

SNSのフォローもお願いします!

【そら】
東大医学部→研究医

【ゆき】
◆ 国公立医学部→産婦人科医

Instagram