医学生・研修医向け記事

【注意喚起】医師(特に研修医の先生)は、投資や保険、節税の勧誘に注意しましょう

医師として働いていると、自分の名前や顔写真、卒業大学などの情報が公開されることも多いです。

私の研修病院先もある程度の情報が公開されていたのですが、驚いたことに、いろんな業者さんから電話がかかってきました。

中には仕事中に電話がかかってきたり、非常に強引に話を進めてくる方もいらっしゃいました。

そこで今回は、これまで経験した投資や保険、節税の勧誘について話そうと思います。

1. 色々な業者上があの手この手を使って電話をかけてくる

1. 病院に直接電話をかけてくる

電話

医師として働き始めると、業者さんが様々な手を使って電話をかけてきます。最も多かったパターンは、病院に直接電話をかけてくるケースです。

外線で病院の代表電話にかけてきて、それを個人のPHSに転送してもらうという感じですね。

はくぎんちゃん

ちょっと待って?そんなこと可能なの?事務でストップできると思うけど・・・・

そら

嘘をついて電話をかけてくるから、事務の人も転送しちゃうんだよね・・・

普通に考えたら、投資案件や保険加入の電話が病院の事務にかかってきた時点でシャットアウトされると思うかもしれませんが、業者さんも賢いのでいろんな手を使ってきます。

大学の関係者、仕事の関係者などの嘘をついて、電話をかけてくるので、事務では判断できず、こちらに転送されてきます。

余裕があるときならともかく、患者対応で追われているときに電話がかかってくると本当に困ります。中には強引に話を進めてきたり、断っているのに全然切ってくれない業者さんもいるので、注意しましょう。

2. 個人の携帯にかけてくる

医師になってからしばらく時間が経つと、個人の電話にも連絡が来る様になりました。どこで調べたのか不明ですが、困ったものです。

中には〇〇に興味はありますか?という様に丁寧に聞いてこられる方もいますが、多くの方はこちらの都合関係なく、強引に話を進めようとしてきます。

個人の携帯に勝手に電話をかけてきて、強引に話を進めるなどというやり方をする様であれば、内容が仮にどんなに良くても、その商品を購入しようとは思わない気がするのですが・・・・謎です。

2. よくある勧誘内容

1. 節税しませんか?

最も多かったパターンは、「節税しませんか?」という勧誘でした。

研修医などの若手の頃は、自税金関係について経験が全くないので、節税という言葉を聞くと興味を持ってしまうかもしれません。ですが、実際はグレーな手法を使ったり、不必要な経費で赤字を作るみたいな話が多かったりします。

医師でもできる基本的な節税などは限られており、自分で調べればすぐに出てくるので、業者さんの話を鵜呑みにするのはやめましょう。

2. 不動産投資をしませんか?

次に多いのが、「マンションを買いませんか?」という勧誘でした。

よくあるパターンが、「新築マンションを買うことで、不動産関連の経費を計上し、赤字にして課税所得を減らしましょう」みたいな話です。

初めて聞くと筋が通っている様に感じてしまうのですが、この様な業者が提案してくる物件は業者さんの利益がたっぷり乗せられている様なものがほとんどです。

物件を購入した時点でものすごい額の赤字が出る可能性もあるので、節税目的で買うのは本末転倒です。

3. ドル建て保険に入りませんか?

少し頻度は落ちますが、保険の勧誘の電話もありました。先輩のつながりで一度紹介された事があったのですが、非常に強引な勧誘を受けました。

先輩の紹介と言うこともあったのでなるべく丁寧に対応しましたが、正直かなり大変でした。

保険については個人の状況によっては必要な可能性もあるのでなんとも言えませんが、ご自身でしっかり考えた上で選択されると良いと思います。

3. 勧誘電話に引っかかる前に知っておいて欲しいこと

1. 向こうから強引に勧誘してくる案件は地雷な可能性が高い

悩み

大原則として、向こうから強引に勧誘してくる案件はロクなものでない可能性が高いです。

シンプルに考えると、本当に良い案件であればそんなに強引に勧誘する必要はありません。基本的に対応するのはやめたほうが無難です。

2. 入る意思がないことをはっきりと伝えるべき

当初は私も丁寧に断っていましたが、あんまり丁寧に出ているとどんどん強引に話を進めてくるので、キッパリ断りましょう。

中には申し訳ないと思われる方もいるかもですが、そもそも嘘をついて病院に電話してきたり、個人の携帯番号を不正に入手して電話をかけてきたりなどの不誠実な行為をしてきているので、こちらも誠意を持って対応する必要がないと思います。

3. あまりにしつこいなら切る

最近は「どんな案件をどんな感じで勧めてくるんだろう・・・?」という興味本位で話を聞くこともありますが、病棟対応中や処置中に電話がかかってきた場合は、すぐ切ってしまいましょう。ただでさえ忙しいのに、勧誘電話の対応にエネルギーを割く必要はないです。

向こうの業者さんも慣れているので、多分なんとも思わないです。むしろ中途半端に対応すると向こうも何度も電話をかけてくるので、お互い時間の無駄になってしまいます。

今回は投資や保険などの勧誘電話について書いてみました。いかがでしたでしょうか。

この記事を読んだ方は、「そんなのに引っかかる人いないよ・・・・」と思われるかもしれませんが、いまだに電話がかかってくると言うことは、おそらく話を聞いてしまっている方が一定数いると言うことだと思います。

特に研修医の先生は狙われがちなので、必ず自分で調べたり、周りに聞いたりしましょう。

最後に、少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援クリックよろしくお願いします!

ABOUT ME
そら
医師・研究者 | 妻(@yukizorablog_Y)と医師夫婦ブログを書いてます | 医療や教育に関する記事を残していこうと思っています。
いつも応援頂きありがとうございます!

【ブログ村ランキング参加中】
少しでも多くの方にこのブログ
をご覧いただけるよう、1日1回応援クリックよろしくお願いします!

 

twitter, instagramでも情報発信しています。ご気軽にフォローください(^^)

【そら】

【ゆき】

Instagram