ブログ発信

ブログ発信を始めたことで確実に世界が広がった

SNS
そら

こんにちは、そらです。東大医学部を卒業し、現在は医師・医学研究者として働いています。

私は9歳の頃から塾に通い、12歳からは地元から離れた所にある中高一貫校に通い、18歳に東京大学に進学し、24歳から医師として働き始めました。

私にとって自分の周りの集団が当たり前だと思っていたので、社会に出てからいかに自分が偏った集団で過ごしてきたのかを実感しました。特に医学部は閉鎖的であり、比較的似たような価値観を持った人が多いように思います。

そんな自分にとって、ブログ発信を契機にtwitterを始め、そこで友人ができたことはすごく価値のあることだと思っています。特に投資家の友人と触れ合う中で、自分自身の価値観を再認識することができました。

そこで今回は、twitterで出会った方々と話して感じたことを書いてみようと思います。

1. 投資家の友人たちを見て感じたこと

1. 情報収集能力が高く、視野が広い

パソコン

Twitterでフォローしている投資家の方々を見た印象なのでかなりバイアスがかかっている気もしますが、それでも投資家の方々を見ていると情報収集能力が異常に高いように感じます。

以前にHPVワクチンに関するツイートをした際に複数人の方からリプライを頂いたのですが、皆さん的確にコメントされていました。自分の周りの非医療従事者を見ていると、HPVワクチンについて正しく理解されていないor関心がない方が多いので、正直驚きました。

医療以外についても、様々な分野の知識を持っている方が多く、人間として魅力的だなぁと感じました。

2. 時代の変化を楽しんでいる

投資家の友人たちと話していると、将来の数年後、ないしはは十数年後に未来を見て、生きているように感じました。そして変化を恐れるどころか、変化を楽しんでいるような印象を受けました。

もちろん医師の中にも同じような感覚を持っている人もいると思いますが、現場で働いていると、今後の10年で起こりうる変化を理解し、そして変化を楽しんでいる人は少数のように思います。

3. 金銭感覚がしっかりしている

お金

これは意外だったのですが、自分の周りの医師と投資家を比べると、投資家の方が純資産が多いにも関わらず、自分の周りの医師の方が生活水準が高いように感じます。

そして同じ暮らしをする、ものを買う、体験をするにも、かかっているコストが違うように思います(投資家の方が細かい工夫をして、費用を抑えているように感じます)。

両者でこのように金銭感覚が違う原因の一つは、お金の稼ぎ方の違いだと思います。医師の場合、自分で働くことで毎月比較的高い給料をもらうことができます。特に若いうちから比較的高い給料をもらえます(勤務医の場合、そこからあまり伸びないようですが・・・)。そのため、自分の給料を使うことにあまり抵抗がないように思います。

一方で投資家の方は自分の金融資産を元手に株式などで運用するため、なるべく無駄なことでお金を消費したくないと感じている人が多いように思います。消費をするくらいなら、株や不動産、仮想通貨などをを買いたいと考えている人の方が多いように感じます。

医師ってお金持ちのイメージがあったんだけど、必ずしも資産が多いわけではないんだ・・・

そら

うーん、若いうちに給料が多い分、生活水準が高い人が多い気がする。あと、仕事が忙しくてお金の管理まで気が回らないってケースもよく見るなぁ・・・・

2. 投資家の友人たちと話して改めて感じた医師・研究者の魅力

1. 仕事のやりがいが大きい

医師

投資家の方と話していて感じたのは、「今の職場や仕事に不満があって、早く仕事を辞めたい」と考えている人が多いなということです。

自分は医学や医学研究が好きなので、今の仕事を辞めたいと思ったことがあまりないです。ゆきさんを見ていても、仕事が好きなんだなぁと感じます。

医師は働いているといろんな方から感謝していただけますし、何より病気や人体の仕組みを勉強することで好奇心を満たすこともできます。そういう意味で、医師・研究者という仕事は本当に魅力的だなと思います。

2. 自分の名前で新しい発見を発信できる

研究者の場合、研究結果を個人の名前で世界に発信することができます。ほとんどの場合、一つの論文で世界を大きく変えることはできませんが、それでも自分の名前で論文を発表し、後世に残すことができるというのはやりがいがあります(自分の場合は他の方よりも特に研究に魅力を感じている気がしますが)。

3. 社会的信用力が高い

医師の世界を出てみると、医師という職業が世間から信頼されていることを実感します。これは内部にいると正直あまり感じませんでした。

これは「医療」という業界の特殊性と先人の方々が築いてこられた信用によるものだと思っています。「医療」は人を救うことができる反面、悪用すると非医療従事者に害を与えてしまう危険性をはらんでいる、そのことをしっかりと自覚して働いていこうと思いました。

3. 自分の価値観について

音楽・パソコン

自分は医師の中ではかなり研究者よりの考え方を持ってる人間だと思っていました。実際に医師の友人よりも研究者の友人と一緒にいる方が自分の中では落ち着く気がします。

私の場合、学問としての医学や人体の仕組みへの興味が強いです。いろんな友人と研究の話をするもの大好きです。

ですが、今回投資家の方々と話していて、金銭感覚やお金に対する考え方は投資家の人達に近いと思いました。

これまで医師の友人たちと過ごしていると、周りの生活水準の高さに違和感を感じることが多かったです。

私の場合、家や車、ブランド品などには一切興味がなく、それよりも自分の好きなことに熱中できるような環境を維持するのにお金を使いたいと思っています。自分の成長に繋がるもの、家族との時間の確保につながるものにはどんどんお金を使いたいと思っています。

また、自分は好奇心旺盛な方なので、医学以外の分野にも関心を持っています(分野にやや偏りはありますが)。そのため、いろんなバックグラウンドを持った方々と過ごす時間は、研究者の友人と過ごすのとは別の意味で心地良かったです。

そら

半年前は想像もしてなかったなぁ・・・・

これからもいろんな出会いがあるといいね!

今回はブログやtwitterでの出会いから感じたことをまとめてみました。いかがでしたでしょうか?

これからもSNSを通じた出会いを大切にしながら、自分自身成長して行けたらなと思います。

最後に、少しでも多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援クリックよろしくお願いします!

ABOUT ME
そら
東大医学部→医師・研究者 | 妻(@yukizorablog_Y)と医師夫婦ブログを書いてます | 医師・研究者のキャリアや科学的根拠に基づいた医療情報を発信 | 火・木・土・日の19時に公開 |
いつも応援頂きありがとうございます!

【ブログ村ランキング参加中】
少しでも多くの方にこのブログ
をご覧いただけるよう、1日1回応援クリックよろしくお願いします!

 

twitter, instagramでも情報発信しています。ご気軽にフォローください(^^)

【そら】
東大医学部→研究医

【ゆき】
◆ 国公立医学部→産婦人科医

Instagram